新社会人はお酒を強要されても強くなる事はないので絶対に断って!お酒が強いかどうか自分で試せるパッチテストもあるみたいです。

スポンサーリンク
モテるテクニック

お酒が好き過ぎて休みの日は一日中飲んでいる貧乏人です。

新年度に入り飲み会や花見の機会もありお酒を飲む時期になってきました。

貧乏人はお酒が大好きなので好きな季節にもなりますが、お酒が苦手な人からすると苦痛な行事になるかもしれません。

だからと言って強くなりたいためにお酒を毎日飲み続けても、医学的にお酒に強くなる事はありませんし、急性アルコール中毒になりえます。

ですので今回の記事は簡単にお酒の強さについて書こうと思います。

お酒の強さは遺伝子によって決まるので、飲み続けても肝臓は鍛えられません


まず最初にお酒を飲んだ時の流れをメチャクチャ簡単に説明すると、アルコールを肝臓でアセトアルデヒドに分解されて酢酸に分解され、二酸化炭素と水になり体外に排出されます。

このアセトアルデヒドというものはお酒を飲んだ時に出る症状の原因でもあります。

吐き気や二日酔、頭痛や吐き気や動悸、胃もたれを起こす原因です。

なので体内のアセトアルデヒドが分解されないと上記の症状が出てしまいます。

お酒が強い人というのはこのアセトアルデヒドの分解が早い人で、お酒が弱い人はアセトアルデヒドの分解が遅い人を指すことになります。

メチャクチャ簡単になりますがお酒が体に与える影響の説明は以上です。

飲み続けても鍛えれらないし強くなりません

じゃあ、アセトアルデヒドを早く分解する為、体にお酒を慣らしたり強くさせる方法があるのかどうかというと、強くなる方法はありません。

お酒が強いかどうかは基本的に遺伝子によって決まります。

なのでどれだけお酒を飲み続けても強くなる事はありませんし、遺伝子を書きかえる事は出来ません。

お酒が弱い人は受け止めて、たしなむ程度にお酒を楽しむのが一番

説明したようにお酒の強さは鍛えることは出来ませんし、慣れることもなく遺伝子によって決まります。

社会人になりお酒の付き合いが頻繁に多くなりますし、まだこの時代でも「飲み続ければ慣れる!」という何の医学的根拠もない理屈で強要してくるオッサン連中は多いです。

無理に飲ませるような時代は終わりましたし、お酒を強要して万が一急性アルコール中毒になって倒れてしまったら、生活する為に一生懸命頑張って入社したことの意味が無くなってしまいます。

その場で断るのは勇気もいりますし、周りの目も気にしてしまいますがお酒の強さばかりは本当にどうすることも出来ませんので、

「そんなことも知らないんですか?」

ばりに断ってください。

それに今ではパワハラなどで会社も厳しくなってきてますが、中小企業などではまだまだこの様な事例は多いと思います。

お酒が強くなる事はありませんので、会社の場であっても酔ったふりをするなりして無理に飲むことは絶対にしないようにしてください。

お酒は他人に迷惑を掛けずに楽しみながら飲むのに限ります。

また、最後になりますがご自身でお酒が強いかどうか試せるパッチテストもあるようなので下記リンクを参照に試してみるのも良いかと思います。

「鍛えれば酒に強くなる」は迷信か 遺伝と酵素の不思議|ヘルスUP|NIKKEI STYLE
いくら酒を飲んでも酔わない人もいれば、たったビール1杯でひどく酔っぱらう人もいる。酒に弱い人は、「体質だから」とあきらめてしまうしかないのか? 「鍛えれば酒に強くなる」の真相に迫る。「酒は鍛えれば飲めるようになる」そんな迷信めいたことを、…
スポンサーリンク
モテるテクニック雑記
スポンサーリンク
binnbouをフォローする

プロフィール

サイト運営者 貧乏人
30代男性サラリーマン。
仕事の為田舎から東京へ。
バツイチ、借金700万円の男ですが、そんなこと微塵も気にすることなく生活を送ってます。

貧乏人の借金事情はこちらです☆→貧乏人の借金内容

貧乏人の収入事情はこちらです☆→貧乏人の収入内容

貧乏人の合計収支はこちらです☆→貧乏人の合計収支

主に雑記ばかり書いてますが、たまに街コンについてもレビューしてます。
モテる為の考えやワンナイトラブについての記事も書いており、今は夏までに最高のバディになる為、我流の「基礎代謝理論ダイエット」を行なっております。→基礎代謝ダイエットの内容

その他に使える機会があればアメックスプラチナを見せた時の周りの反応を書いています。

モテたい願望の強い貧乏人によるブログ

コメント