浮気の聞き取りはFBIでも使われる尋問方法があるので問い詰める時は活用して欲しい。

スポンサーリンク
雑記

座右の銘は「不倫は文化」な貧乏人です。

貧乏人、今まで浮気をしてきました。それが原因で破局したことも有りますが、基本的にバレます。

友達に見られたり、携帯を見られたり、墓穴を掘ったりと。。。。

今まで修羅場という修羅場を経験してきた貧乏人です。

FBIでも使われている尋問方法があるみたいで、今回はその尋問方法を書こうと思います。

尋問方法は時系列を逆に聞く事!

尋問方法は簡単です。

その方法は1度「今日は何してたの?」と聞きます。

そうすると聞かれた方は時系列毎に説明を始めます。


「昼は会社で仕事をして夜は会社の飲み会に行ってその後二次会に行って来たよ〜」とざっくばらんに説明されると思います。

貧乏人もこんな風にはぐらかしたことは何度もあります。

ですが聞く側はそこで折れずに、心理テストや記憶の問題も気になるから。。。などと濁してもっと細かく聞いてください。

「何時に待ち合わせをしたか?」

「どこの店に行ったのか?」

「何時に会社を出たの?」

とあまり聞きすぎると向こうも身構えてしまうかもしれませんが、いかに自然に多くの情報を仕入れるかが大事になってくるので上手く聞き出して下さい。

聞いた後は安心させるかのように

「そうなんだ、大変だったね。」

と労りその場を終わらせて相手を泳がせるというか安心させるために、普通の会話を装って下さい。

。。。。。

勝負はすぐこの後です。

何をしてたか聞いた後に

「その事を逆から言ってみて。」

と聞いて下さい。

本当に経験してる事なら頭で覚えてるのでスッと答えれます。

逆に隠し事をして何をしてたか、その場で嘘をついていたら隠し事をする緊張感もあるので、最初に告白したスケジュールもあやふやになります。その上逆から言うのであれば頭がこんがります。

そこで相手に焦りや行動にいつもと違う様子があれば浮気か何かを隠している事になります。

貧乏人、この尋問方法のやり方を教えてもらわずに尋問されたのですが悪い事もしておらず、焦る必要もないのに答えることが出来ませんでした。

それが大事な人の前だとなおさらタジタジになります。

以上がFBIでも利用される尋問方法です。

尋問してもいい結果には繋がらないかもしれません

ここまで尋問方法を書いて来ましたが、尋問して浮気をしてたと問い詰めれたとしてもいい事はないかもしれません。

なぜならこれからの生活がギスギスするだけかもしれませんし、何より離婚に発展するかもしれません。

もちろん浮気はダメな事ですし、不倫なら尚更ダメです。ですがその場の一時的な感情で大事な家庭を崩してしまうかもしれません。。。

貧乏人は離婚して清々してるのが8割、「あぁ〜。。。」と思うのが2割あり、前の妻は未練があるようです。

喧嘩して大きい溝が出来てしまうかもしれないですし、浮気されっぱなしで野放しにするのも苦だとは思いますが、こういった浮気や大きな喧嘩の元になる話は「離婚してもいい!!」と覚悟が出来てからしてもいいかな。と思う貧乏人でした。

スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
binnbouをフォローする

プロフィール

サイト運営者 貧乏人
30代男性サラリーマン。
仕事の為田舎から東京へ。
バツイチ、借金700万円の男ですが、そんなこと微塵も気にすることなく生活を送ってます。

貧乏人の借金事情はこちらです☆→貧乏人の借金内容

貧乏人の収入事情はこちらです☆→貧乏人の収入内容

貧乏人の合計収支はこちらです☆→貧乏人の合計収支

主に雑記ばかり書いてますが、たまに街コンについてもレビューしてます。
モテる為の考えやワンナイトラブについての記事も書いており、今は夏までに最高のバディになる為、我流の「基礎代謝理論ダイエット」を行なっております。→基礎代謝ダイエットの内容

その他に使える機会があればアメックスプラチナを見せた時の周りの反応を書いています。

モテたい願望の強い貧乏人によるブログ

コメント