出前館の業務委託配達員を自転車でやってみたので報酬、メリット、デメリットを報告する

スポンサーリンク
出前館 出前館

最近になってようやく宮崎美子の魅力に気づき始めた貧乏人です。


コロナウイルスの影響は本業の収入に影響ありませんが、もっとお金を稼ぎたいと思い

出前館の業務委託に登録しました。

CMではポンポンのEXITさんが広告に起用され、月に100万円を稼ぐ強者もいるという。。。

こんな美味しいチャンスを逃したくないと

個人事業主になり出前館の業務委託を自転車で配達をすることにしました。


副業では難しいですが、働いてみた結果自転車では100万円を稼ぐのは難しいと感じましたが

サラリーマンの方でも勤務時間によっては高額の報酬を得られます。

(2022年2月現在オーダーが全然入らないので100万円はもっと難しくなりました。。。)


僕は原付を持ってないですがレンタサイクルの電動自転車でも十分稼ぐことは出来ましたので、

自転車で稼働をした2022年1月の実績を大人に怒られないよう、コンプライアンス違反にならない程度に報告します!

(色々規約があるみたいなので詳細はボカシて報告します)

自転車で配達した結果

まず、僕の配達環境として

  • 電動自転車のレンタサイクル
  • 稼働時間は本業後の17時~20時(昼に稼働が出来る時は11時~13時)
  • ブーストの最高倍率は2倍以上
  • 自宅の一番近いエリアでの配達

になります。

昼、夕の稼働が出来た時のレンタサイクルの経費は1500円程で少々痛手ですが

2件以上配達をすれば元は取れますし、今のままの出前館のオーダー数であれば許容範囲内です。

上記、自転車での稼働時間、1日の平均稼働時間、配達件数、1週間の稼働日数、1時間当たりの平均配達件数、報酬は

  • 稼働時間:70時間くらい
  • 1日の平均稼働時間:3時間くらい
  • 配達件数:90件くらい
  • 1週間の稼働日数:4~5日
  • 1日の平均配達件数:4~6件
  • 1時間当たりの平均配達件数:1.28件
  • 報酬:15万円程
  • 配達単価:1600円くらい(高すぎる!!!)

になります。(くらい、程ばかりですいません)

ちなみにダブルピックは全体の2割くらい、トリプルピックは0件でした。

時給にして2200円程でした。

いや~、しょっぱい!!!

しょっぱいかもしれませんが、週6日稼働、1日の稼働時間を10時間で上記を参照にどんぶり勘定すると

6日(1週間の勤務日数)×4週(1か月の稼働週)×10時間(1日の稼働時間)×1.28件×1600円=

491,520円となります。

ですので配達エリア、稼働時間にもよりますが、僕の力量、自転車ではこれくらいが限界かと思います。

当然、ダブルピック、トリプルピックを積極的に取り入れればもっと稼げますが、僕の性分には合ってませんし

なにより出前館のモットー、熱々を配達。が出来なくなると思い複数の配達は出来る限り控えておりました。(綺麗ごとではなく、お客様にご迷惑をおかけして考え直した結果です)

自転車で配達するメリット

自転車で配達するメリットは

  • 小回りが利く(道を間違えてもすぐに修正できる)
  • ピックするお店の前に駐車しやすい(車両だと駐車禁止というより迷惑が掛かるけど、僕は駐輪場に止めてました)
  • メチャクチャ運動になる
  • 切符を切られにくい
  • オーダーがない時に待機しやすい(原付も一緒)
  • オファーを確認しやすい
  • 個人が特定されにくい(車両、原付だとナンバーがあるため)

だと思います。中にはグレーな感想もありますが。。。。

小回りが利く

自転車の一番強いメリットって小回りが利くことだと思います。

出前館のアプリで直感的に利用しやすいマップってGoogleマップなんです。

でも皆さんご存知の通りGoogleマップってバカなんですよ。

利用したことがある人ならわかってもらえると思いますが

右斜めなのに「右方向です」とか、「もっと早めに言って!!」という案内が多々出てきます。

車両ならカーナビもありますが、受注した後にカーナビに打つのはタイムロスが凄いです。


そんな時、自転車なら道を間違えてもUターンは簡単出来ますし、道の端(邪魔にならないところ)に止めれば、Googleマップで詳細を確認することが出来ます。(本当にバカですけど)


小回りが利くとういのはお客様の自宅の近くで確認しやすい環境づくり、徘徊が出来るということになります。

ピックするお店の前に駐車しやすい

車だったら駐車場に停めなければいけませんし、路駐をして食品を受け取りに行けますが邪魔になります。

自転車でも邪魔になりますが、たいがいお店の近くに邪魔にならない自転車置き場はあるのでそちらに停めれば周りの方に迷惑を掛けずに商品を受け取ることが出来ます。


それにショッピングモールの飲食店に受け取りに行く際、車だとモールに停めれなかったり、モールに停めても時間が掛かる場合もあります。


自転車や原付の場合は駐輪場になりますので、受け取りの時間も短縮することが出来ます。

メチャクチャ運動になる

僕は電動自転車で稼働してましたが、電動自転車でも太ももにメチャクチャ負荷が掛かります。

なので配達当初は毎日が筋肉痛で毎日ブルーになりました。。。

ですが、筋肉痛が起きるということは筋肉に刺激を与えており確実に運動へと繋がってます。

体の中で大きな筋肉(胸筋、太ももの筋肉)を鍛えることにより日々の消費カロリーを上げれると言われております。

ですのでダイエットするなら大きな筋肉を鍛えて基礎代謝を上げて消費カロリーを増やすことが一番効率の良い運動となります。


以上を踏まえてどれだけしんどくてもダイエットが出来る、運動になる、と自己暗示を行い日々の運動へと繋げることが出来ました。

切符を切られにくい

自転車にも切符(取り締まり)があると聞きますが、車、原付と比べて比較的切られにくいと思います。

切符を切られてしまっては、お金を稼ぐために業務委託で配達をしているのに違反金を払っては意味がありません。

切符を切られてしまいますと、免許証にも影響がありますし何よりも配達する意味を見失う可能性もあります。

待機しやすい

2021年12月頃より出前館では配達料無料のキャンペーンがあり基本的にピーク時間に待機はありませんでしたが、自分の納得いくオファーがない時は公園などに自転車を駐輪しながらベンチに座り休憩できるのも自転車の強みだと思います。

オファーを確認しやすい

出前館の仕事の取り方って早い者勝ちシステムなんです。

出前館のシステムに受取先のお店、配達先のお客様の情報が通知されて、近くの配達員同士でその案件を取り合う仕様となっております。

個人が特定されにくい

この考えをブログに載せるのは自分が汚い人間だとカミングアウトしてる様で嫌ですが。。。

信号無視や危険な運転をしたとしても個人を特定されるのは少し難しくなります。

Twitterでは信号無視の配達員の動画が回ってナンバーを特定されたり、ナンバーを掲げることにより特定されやすい環境になります。

ちなみに僕は常に帽子を被り交通ルール、安全運転に努めたので心配はありませんが、自転車にて稼働することにより個人情報の特定をしにくいな。と感じました。

(勤務中に帽子を取ること、交通ルールを破ることはありませんでしたよ。)

自転車で配達するデメリット

自転車疲れる

逆に自転車(レンタサイクル)で稼働をしていた時に悩まされたデメリットは

  • 下半身に負荷がかかりまくる
  • 坂道などがある配達先だとゲェが出るくらいキツイ
  • 長距離の配達をすると1日の配達件数がガクッと減る
  • 配達物を崩さないように出来る限り車道を走るので自己のリスクが上がる
  • 電動自転車の費用が高い、レンタサイクルの費用が掛かる

以上になります。

下半身に負荷がかかりまくる

運動になるとはいえ太ももの筋肉痛は日々の生活にとても影響が出てきます。

階段を上るとき、座っている状態から立つ時の負荷、稼働の時の歩行時、オナニーの足ピン時、などなど。。。

ダイエットに繋がるとはいえしんどい場面が出ることもありました。

坂道などがある配達先だとゲェが出るくらいキツイ

地図で確認した時、自分の情報で近いと思った配達先、お客様のご自宅が実は急こう配、坂道のキツイ場所にあると絶望的になります。

というか自転車を押していかなければなりません。

その時の疲労感、ストレスというのは。。。(本来自宅の近くに飲食店がない方が頼むシステムだと思いますが。。。)

とても疲れますし、精神的にもとても疲れます。

こうならないためにもしっかりと地理を把握すべきだったと反省してます。

長距離の配達をすると1日の配達件数がガクッと減る

出前館の配達先って平均1.5km圏内と謳われてますがしょっちゅう3km程の配達先が現れます。

自転車で3km以上だとすると大体20分以上かかります。(これ以上のスピードだと食品崩れのリスクも上がります)

それが飲食店の少ない場所だとすると、

配達に20分、飲食店のある場所に戻ってくる時間が20分と40分以上の時間が取られてしまいます。

小回りの利く自転車はショートピック(飲食店からお客様の自宅までが短いオファー)に強みを発揮すると思います。

そのためロングのオファーを取ってしまうと尋常じゃないくらいのタイムロスが発生してしまうので、間違えても離れた場所のオファーは撮らないようにした方が良いです。

お客様に迷惑をかけない程度のダブルピック案件があれば積極的に取ればカバーできるはずです。

配達物を崩さないように出来る限り車道を走るので自己のリスクが上がる

自転車での走行時、事故の恐怖が少ないのは歩道です。

でも歩道って段差や凸凹道が結構多いんです。

お店に向かう場合だとそんな道を通ってもちんちんが痛むだけでお客様に迷惑をおかけするリスクはありませんが

食品をバッグに入れている状態での歩道ってリスクの塊なんですよね。


そのため商品崩れを逃れるために車道を走るのですが、ピークタイム時って退勤時間にも被りやすく車がバンバン走る訳ですよ。

自転車に気を遣わずビュンビュン走る車って結構多いんですよね。

僕も「危ないなぁ!!!」って場面に何度も出くわしました。

その際にオファーの為に携帯電話を触って入れば、ドライバーの迷惑になりますし

なによりお届けのお客様にご迷惑が掛かってしまいます。

運転中の携帯電話の操作は誰も得をしないので間違っても、止まっていない場面での携帯電話の操作はやめた方が良いです。

電動自転車の費用が高い、レンタサイクルの費用が掛かる

自転車は小回りが利く、ガソリン代が掛からない、初期投資費用が掛からない。と思ったのでレンタサイクルを使用しておりますが、

結構経費がかさむんですよね。


僕はhellocyclingというアプリ(ダイチャリ)を利用してますが、

夕方の稼働だけで770円、昼、夕の稼働だと大体1500円程掛かります。

それに電動自転車を購入しようとすると大体10万円程かかるんですよ。

いつまで高収入が続くかわからないと判断し、電動自転車の購入を諦め

hellocyclingの利用を決心したのですが、毎日お金が引かれていく様は

貧乏人の僕にとっては少し痛手でした。

自転車で配達した感想

自転車で出前館の配達を行ってましたが、感想を言うと

  • 運動になる
  • 原付を運転してる人が遠くの案件を拾えよ
  • 遠くの案件は広いにくい

この3点がとても印象的でした。(原付の人もショートを狙いたいのは痛いほどわかりますし、僕でもショートを狙います笑)

自転車なのでUターンが簡単に出来るし、道に迷ってもすぐに形態を触れるので配達先で迷子になることも少なかったです。

それに細道を良く通らされるので(Googleマップがバカだから。とても)道に詳しく慣れましたし、普段通らない景色を眺めることが出来ました。

それとは反面、取れる案件も少なくなるし遠い案件を取ってしまったときに、収入が減ってしまうデメリットもあると思いました。

 

まとめ

原付配達員

自転車、原付、車、と出前館の配達での車両は自由に選べます。

これから出前館を検討している方は

  • 何よりも稼ぎたい方は原付
  • お金より運動量を増やしたい方は自転車

まずはこの考えで選んでみても良いかと思います。

そのうえで今回記載したメリットデメリットを見て判断し

一度シュミレーションをしてみることをおススメします。


今回は車のメリット、デメリットは経験してないので記載できませんでしたが

車のメリットも必ずあります。


ご自身の環境を一度振り返り、どのような手段で配達するかよく考えて登録をしてみてください。

一度決めた配達手段も変更することは出来るのでそこまで考えこむ必要はないと思います。


スポンサーリンク
出前館
スポンサーリンク
binnbouをフォローする

プロフィール

サイト運営者 貧乏人
30代男性サラリーマン。
仕事の為田舎から東京へ。
バツイチ、借金700万円の男ですが、そんなこと微塵も気にすることなく生活を送ってます。

貧乏人の借金事情はこちらです☆→貧乏人の借金内容

貧乏人の収入事情はこちらです☆→貧乏人の収入内容

貧乏人の合計収支はこちらです☆→貧乏人の合計収支

主に雑記ばかり書いてますが、たまに街コンについてもレビューしてます。
モテる為の考えやワンナイトラブについての記事も書いており、今は夏までに最高のバディになる為、我流の「基礎代謝理論ダイエット」を行なっております。→基礎代謝ダイエットの内容

その他に使える機会があればアメックスプラチナを見せた時の周りの反応を書いています。

脱・貧乏人を目指す男

コメント