Apple WatchのSuicaは腕から外しても(本人認証しなくても)使える!

スポンサーリンク
雑記

Apple Watchを付けてる自分イケてると思っている貧乏人です。

Apple WatchってiPhoneを開かなくてもLINEを読んだり、地図アプリを使ってナビしてもらうことも出来ます。

その中でも電子マネーなど、交通系の電子マネーも使えることが1番便利だと思っております。

僕も普段からApple WatchのSuicaを利用してスイスイ改札を通り抜けてるのですが、この機能がメチャクチャ便利なんです!

Suicaを使う人ってカードの媒体で財布にしまっているか、携帯電話を利用してると思うのですが両者ともカバンやポケットから出さないといけません。

Apple WatchにSuicaを登録すれば腕をかざすだけで改札を通れたり、電子マネーでお買い物が出来るので生活の時間の節約にもなります。

とても便利なのですがApple Watchの電子マネーは本人認証してないと使えないんです。

しかもパスワードを入れて電子マネーを使おうとしても認証してすぐだと、この画面が出て利用できないこともあります。

なので本人認証をしていないとSuicaも使えなくなると思われがちですが、Apple WatchのSuicaは本人認証を解除しなくても利用出来て改札を通ることができます。

そして改札を出る時にタッチせずに出てしまった時も、駅員さんにSuicaの履歴を消してもらうときも腕から外して、本人認証をしてないままでも使えます。

Suicaを利用した事がある人は経験したことがあると思いますが、改札を出る時に上手くタッチ出来ずに帰ってしまった事ってありますよね。

そんな時って、次回Suicaを利用して改札を通る時にタッチするとエラーが出て、使っているSuicaを駅員さんに渡して解除してもらう必要があります。

Apple Watchって腕から外すと認証も解除されてしまうんです。

Apple WatchのSuicaだと腕ごと駅員さんの使用端末に置かないといけないと思ってたのですが、腕からApple Watchを外して渡してもすぐに解除してもらえます。

ですのでApple WatchのSuicaを利用していて、改札を出る時に上手くタッチ出来なかった人は、不安にならずに腕からApple Watchを外して渡しても簡単に解除してもらえます。

Suicaを利用いると改札を出る時に

「今のタッチ出来てなかったかも。。。」

と悪意がなくてもそのまま出てしまうこともあると思います。

ですが正直に駅員さんにお伝えして金額を払えば問題なく使用できます。

ですので、Apple WatchのSuicaを利用しながら改札を誤って出たとしても簡単に処理してくれるので、安心してApple WatchのSuicaを利用することができました。

スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
binnbouをフォローする

プロフィール

サイト運営者 貧乏人
30代男性サラリーマン。
仕事の為田舎から東京へ。
バツイチ、借金700万円の男ですが、そんなこと微塵も気にすることなく生活を送ってます。

貧乏人の借金事情はこちらです☆→貧乏人の借金内容

貧乏人の収入事情はこちらです☆→貧乏人の収入内容

貧乏人の合計収支はこちらです☆→貧乏人の合計収支

主に雑記ばかり書いてますが、たまに街コンについてもレビューしてます。
モテる為の考えやワンナイトラブについての記事も書いており、今は夏までに最高のバディになる為、我流の「基礎代謝理論ダイエット」を行なっております。→基礎代謝ダイエットの内容

その他に使える機会があればアメックスプラチナを見せた時の周りの反応を書いています。

モテたい願望の強い貧乏人によるブログ

コメント